ジャンル不定の日記です。

「当て屋の椿」ってのも気になる・・・

「くノ一魔宝伝」全巻読み終わったが、「当て屋の椿」ってのも気になる・・・
中世西洋風の作品が好きだが、和風も良いね。



だが、高いよこれw
「くノ一魔宝伝」は1巻目が100円の2巻目以降300円。ポイントバック20%の価格設定で購入したが、
電子書籍は基本的に300円未満でしか買わないことに決めてる。
安く売ってる出版社もある中で、紙質の差とかはないのだから、高い価格設定の出版社はいずれ淘汰されると思ってる。
「当て屋の椿」は内容良さそうな感じはするが、カラー版まで用意されていて、ポイント込みで600円前後の価格設定な気配。
既に読んでいて続きが読みたいブラッディクロスなんかは600円設定でも買っちゃってるが、
新規に読み始めるのに600円設定はスルーだな・・・

他にKindle巡回してて気になるのは、「魔砲使い黒姫」



だが、設定は好みそうな感じするんだが、表紙見た感じ絵的には好みじゃないかな・・・
まあ、「くノ一魔宝伝」も表紙のカラー絵はあまりいい感じしなかったが、中の白黒絵は良かった。

「くノ一魔宝伝」6巻もポチった

最後の「くノ一魔宝伝」6巻もポチった。



冥府魔道経の修行を終えた海音・珠音が花姫・風姫を撃破。
嘛音・玲音も出てきて、詩音が終わるのを待ってから、一行は花瑠羅のいる江戸へ。
江戸で敵に襲撃されるが、強くなった五忍(嘛音は戦闘していないと思われるが)は瞬殺で返り討ちに。
だが、敵の狙いは最初からミネだったようで、さらわれてしまう。
五忍はミネを助けに花瑠羅のいる服部半蔵の屋敷を強襲。

花瑠羅の部下となっている死姫の月姫の前に、六忍目の青龍の華音が現れる。
月姫は決着をつけず、ミネは独断で預かり花瑠羅は知らぬから存分に戦えと詩音に伝えよと言って消える。

詩音たちの前に大軍が立ちはだかるが、海音・珠音が突破口を開いて詩音・嘛音・玲音は屋敷内へ突入。
屋敷内のカラクリを嘛音が抑え、詩音・玲音は奥へ突破し半蔵と花瑠羅の元へ辿り着く。

海音・珠音は多勢を前に苦戦するが、筧十兵衛が現れ助太刀。
嘛音は追手を巻き込んで死ぬつもりで抑えていたカラクリを発動させるが、華音に助けられる。

玲音は半蔵を大技で自分もろともふっ飛ばして倒すが、月姫に刺される。
以前から雰囲気あったが月姫は七忍目で、詩音の双子の姉で全く同じ顔。
月姫は万魔を追放された恨みを晴らすため詩音を殺すつもりだったが、詩音が姉のことを知っていて、その事を玲音から伝えられる。
詩音は花瑠羅に苦戦していたが、玲音から話を聞いて仲間になったのか?月姫が花瑠羅を倒す。

月姫はいなくなるが、
他の六忍とミネは、お宝と月姫を探す旅に・・・


ってな感じで終了。
最後に、くノ一魔宝伝プロトタイプの特別読み切り。

死姫の鳥姫が行方不明だがどうなったんだ?
2巻の頃は駿河の忠長一味や風磨党も絡んできそうだったが再登場なかったな・・・

話が縮んで終わっちゃった感じだが、まあ面白かった。
主人公の詩音を筆頭に七忍は国滅ぼせそうなほど鬼強くて、絵も可愛い。
月姫は詩音と同じ顔だから当然だが、6巻で登場した華音も好みの絵だった。
詩音、嘛音、華音がいい感じ。
嘛音はやっぱ他の六忍より年下な感じで描かれてるね。

「くノ一魔宝伝」5巻もポチった

全6巻のようなので全部読んでしまおうと思って、「くノ一魔宝伝」5巻もポチった。



詩音・嘛音はお宝島へ行くが、万魔と村上水軍に襲撃される。
正気を取り戻した万魔に化け物にされた"元"島の女の自爆と、島の首領格で五忍目の"あまね"の活躍で撃破。
今回は珍しく詩音は全く活躍しなかった。
そのまんまだからか、何も語られないが、以後"あまね"は"海音"と記載される。

4巻の最後で玲音と珠音は京へ戻ったのかと思ったが、良艶たちの方が四国に来た。
詩音・嘛音がお宝島へ。
ミネと珠音が留守番。
玲音が良艶たちを迎えに京へ。
って感じだったんだね。
だが、良艶と絶海でも珠音の毒は完全に消すことが出来ず、一行は京へ。

京の忍道寺総本山に滞在していると、
服部半蔵を操り人形にし伊賀を軍門に下した万魔首領の花瑠羅が自身で乗り込んでくる。
花瑠羅には詩音たちの攻撃が全く効かなく太刀打ちできず、絶海が自爆するも失敗して倒せず。
が、花瑠羅は傷つき、その場は帰っていく。
花瑠羅が解毒剤を置いて行ったので珠音は復活。

花瑠羅が帰った後は力不足を知り、
良艶が"冥府魔道経"を使い、短期間でパワーアップを目論む。
が、死姫の花姫・風姫の二人が襲撃。
良艶が立ち向かうが、花瑠羅の魔転獣神でパワーアップした花姫の前にあっさり敗北・・・
そこへ修行を終えた?海音と珠音が登場!


というところでおしまい。
「くノ一魔宝伝」は全6巻のようなんで次で終わり。

「くノ一魔宝伝」4巻もポチった

連続で読み過ぎだが、「くノ一魔宝伝」4巻もポチった。



離れから銃声が聞こえ、詩音は離れに向かう。
離れでは黄金井が娘を殺そうとするが、護衛の一人に助けられ、二人で逃走するが、護衛の男は小金井に撃たれて死亡。
娘激怒で黄金井を切って、残った根来衆も撃ち殺す。

黄金井の娘は四忍目だが、詩音たちに同行することに。
娘の本名は"嘛音"(変換できないけど、マオン)。
お嬢様ぽいが、気が強くて荒っぽい感じの娘。
詩音も良いが、嘛音もかなり好みw

一行は京で珠音たちと合流し、五忍目が四国に居るということで阿波へ。

一行は、阿波踊りの祭りで遊び、「詩音・嘛音・ミネ」「玲音」「珠音」でバラバラになるが、3者とも万魔に操られた人間に襲われる。
珠音は自身が敵に操られてしまい、玲音は操られた珠音に襲われてまともに戦えない。
詩音は操られているだけの木偶を傷つけたくなく、まともに戦えない。
詩音は、自分が木偶を食い止め、嘛音とミネに玲音と珠音のもとに行かせる。
嘛音たちは玲音と珠音を発見できず、代わりに女花火衆に遭遇。
木偶を操る笛の音色を花火の爆音で消そうと考え、花火を譲ってもらう。
花火を敵にめがけて発射し、操りが解けて敵を撃破。

その後、花火をくれた女花火衆の頭が五忍目ではないかと考え、花火衆が女しか住まない"お宝島"の者だと知るが、
珠音の毒が抜けないので、玲音と珠音は京へ戻り、
詩音・嘛音・ミネの3人は、お宝島に向かう・・・


「忍法帖は十数年前に幼い七忍の体に隠された。」という設定なので最初は七忍は同年齢かと思ったが、
嘛音が玲音の事を「玲音ねえさん」と呼んでいるので、七忍は同年齢ではないのかも。
同時に詩音のことは最初「詩音さん」と呼んでおり、詩音と嘛音は同年齢程度で玲音は歳上なのかな?見た目的にもそんな感じだし・・・
と思ったが、後には「詩音ネエ」「玲音ネエ」「珠音ネエ」になる。
嘛音はミネと一緒に遊んだり、ミネに「マノンちゃん」と呼ばれるので詩音よりも歳下かも。
まあ、十数年前に全員幼かったのだから、さほど年齢は変わらないはず。

今のところ年齢について正確な記載はされていないが、
3巻で詩音が年齢を聞かれ「十七」と答えている。
1巻の過去回想の描写で、「数えで十五」と記載されているので「十七」も数えの可能性もあるので満年齢で15か16かもしれない。
「数えで十五」と記載されている時と比べてさほど変わっている感じもしないし、ミネに関しては成長しているように見えない・・・

「くノ一魔宝伝」3巻もポチった

続いて「くノ一魔宝伝」3巻もポチった。



詩音達は駿府について七忍の一人を探すが、金持ちから金を盗んで貧乏人に配るという義賊"幻舞小僧"の噂を聞く。
詩音は謎の山伏たちに襲われるが、山伏は詩音が使う万魔の幻術を見て幻舞小僧だと勘違いし、敵ではないとの事で見逃される。
幻舞小僧が詩音と同じ万魔の技を使うということで、詩音は幻舞小僧を探し遭遇するが、詩音は信用されず逃げられる。

幻舞小僧は詩音を追っていた服部忍軍の苦網三兄弟に詩音と勘違いされ捕らえられ、別人だと気づいた苦網三兄弟は幻舞小僧を餌に詩音を呼び出す。
詩音は幻舞小僧を助け出し、山伏たち(味方)も合流し、詩音・幻舞小僧・山伏たちで苦網三兄弟を撃破(といってもほぼ詩音だけの活躍)。

山伏たちは将軍に切腹させられたが影武者を使って生き延びた徳川忠長の手のものだった。
幻舞小僧は詩音を信用し、七忍の一人"玲音"であることを告げ同行することに。
次の目的地は大坂だが、忠長が用意してくれた船で行くことに。

大坂の町では目的の人物は見つからず、大坂城を探っても見つからず、豪商の黄金井屋を探ることに。
屋敷の離れには黄金井の娘(義娘)が居り、娘の改造した無音種子島を持った雑賀衆と根来衆に護られており、致命傷は避けたが詩音は撃たれ一旦撤退。
無音でなければ忍は鉄砲の弾を避けれるらしいw

詩音は玲音と二人で再度潜入して雑賀衆・根来衆と戦う。
離れに居る黄金井の娘はどう考えても目的の七忍の一人だが、
黄金井に引き取られた時の忘れていた記憶を思い出し、育ての親を殺したのが黄金井である事を知る。
黄金井は娘を殺そうとして音の出る短筒を使い、銃声で雑賀衆・根来衆は止まる。

というところでおしまい。
少なくとも雑賀衆の一人は黄金井ではなく娘を守っているので仲間になりそう。


3巻も良い感じだったが、中途半端なところで引いた。
1巻から一気に読み過ぎだが、続き読みたいから4巻もポチるか・・・

主人公の詩音ちゃん、すごい強くて可愛い。
こういう作品好き。

「くノ一魔宝伝」2巻もポチった

1巻に続いて「くノ一魔宝伝」2巻もポチった。



1巻の最後に、探している六忍の一人"珠音"が仙台に向かったとの事で、詩音とミネは米沢を後にして仙台へ。
道中、山賊に襲われていた曲芸一座を助け同行することになり、一座は仙台藩主の伊達忠宗に曲芸を披露することに。
女好きの忠宗が最近米沢から側室を迎えたとのことで珠音の可能性があるから場内を調べることを考えていた詩音も一座に同行して城内へ。
米沢から来た側室はやはり珠音であったが、1巻の刺客と同じく詩音が頭領殺しの裏切り者だと思っており戦うことになるが、伊達の忍"黒脛巾組"に襲われる。
黒脛巾組は珠音が怪しいと監視しており、万魔くの一だと正体がわかり始末することに。

だが、逆に詩音と珠音の二人に返り討ちにされ黒脛巾組は全滅w
1巻でも主人公の詩音はかなり強いと思ったが、七忍揃えば徳川幕府滅ぼせそうな強さだなw

珠音とは和解(この時点では完全には信用していないと書かれているが)し、江戸の忍道寺へ行くように言われ、詩音とミネは江戸へ。
深氷寺という尼寺にたどり着いて泊まることになるが、忍道寺とは寺そのものではなく、寺を渡り歩く抜け忍くの一集団の居る場所であり、深氷寺こそが現在の忍道寺であった。
珠音とも合流したところで、伊賀服部忍軍の死姫(四姫)の3人に襲われる。
詩音、珠音、と忍道寺の頭格の良艶の3人を除き、忍道寺の雑魚はあっさり戦闘不能になる。
詩音は鳥姫と戦い倒すが、とどめを刺す前に死姫の4人目が登場し、伊賀頭領から撤退の命が伝わり死姫は撤退する。
珠音・良艶も風姫・花姫と戦っていたが、こちらも決着付かず。

伊賀忍軍との戦いの後は、七忍の3人目が駿河の富士山か信濃の浅間山付近に居そうとの事で、
ふた手に分かれて、再度、詩音とミネの二人旅で富士山へ。
万魔と伊賀につけられていることに気づくが、小田原から山中に入って撒くが、今度は風魔党に襲撃される。
筧十兵衛が現れ、十兵衛が風魔を撃退し、詩音とミネは十兵衛が風魔を追っている隙に逃げる。


というところまで。
筧十兵衛は史実だと真田十勇士だと思うが、この作品だと柳生十兵衛の気配で、柳生の者として詩音を追っているみたい。
万魔と伊賀は不仲だが詩音を追うために共闘、柳生もたぶん一緒。
そこに風魔も絡んできそうな感じ。

2巻も面白かった。
続きも読みたいが何巻まであるんだろう・・・

「くノ一魔宝伝」1巻読んだ

さっきKindleで見つけた「くノ一魔宝伝」1巻、読んだ。



"万魔の里"の頭領の娘で、くの一"詩音"が主人公。
冒頭で里の仲間に襲われ頭領を含め家族を殺され一人落ち延びる。
敵の狙いは太閤の百万両の財宝の在り処を記した忍法帖で、詩音と既に里から離れさせていた六忍の刺青に隠されている。
詩音も他の六忍を探す旅をし、忍法帖を狙う万魔と伊賀の忍者に狙われる。

というお話みたい。

途中から、詩音の妹分のミネと合流して二人旅になっている。
筧十兵衛という侍?も途中出てきて戦った後に別れたが、重要人物な気配・・・

青年漫画だが、露出高くてエロ漫画に近いかも。
表紙のカラー絵はいまいちな感じだが、中の絵は悪くないと思う。
かなり良い感じなんで、続きも読みたい。

「くノ一魔宝伝」ポチってみる

朝Kindleのサイト見てて、



「警視総監アサミ」昔読んでたけど全部読んでないから電子版で読みたいな・・・
と思ったが、高いので辞めたんだが、
今見たら1巻だけだが、100円でポイントバック20円分になってた。

だが、
近くに表示されてた、



「くノ一魔宝伝」ってのも同じく1巻100円ポイント20円で、こっちのほうが読んだこと無いから読みたいかも・・・
というわけで、今からポチる。

だが、安いの1巻だけだと、
相当面白くないと続きは厳しいな。

ブラッディ・クロス10巻ポチった

大航海時代5やってて遅くなったが、Kindleでブラッディ・クロス10巻が発売されてるのでポチった。
ちなみに、大航海時代5は信じられないほどの糞ゲw




前巻は、続陣営と神葬が同盟になり、月宮が続陣営に帰還して香撫は死亡。
アルカナは和泉が神になるつもりで続との同盟は破棄。
という状況。

香撫の仲間の里堂は皐と合流。
月宮にかけられていた洗脳は神葬が解いたが、里堂によると完全には解けていないらしい。

その後は、今巻は戦いもなく平和だが、
  • 皐と百瀬の出会った頃。
  • 続と皐が神候補に選ばれた頃。
  • 前回の聖戦の事。
という、過去の回想が中心。

特に重要なのが、日向は50年前の聖戦で敗れた神候補の昴が転生した者だということが判明した。
昴は前回の聖戦で仲間の黒印の持ち主(9才幼女)を守ることが出来ず生贄として犠牲になり、聖戦システムを破壊するために日向として転生した。

また、神葬が隠している極秘資料では、
前回の聖戦に勝利した神候補が、慈悲により犠牲となった黒印の持ち主を転生させて救っているらしい。
それが月宮。

日向の方は記憶を残して転生しているが、月宮は記憶を消されて転生している。

この作品の登場人物は、尚が17歳だという記述があったと思うんで主要人物は18歳前後で若い設定だとは思ってたが、
月宮と日向は50年前に32年後に転生して生まれたので18歳で確定と思われる。


そして、次巻はついに最後の聖戦が始まるらしい・・・